2009年09月26日

犬 しつけ お手

我が家にやってきたかわいいワンちゃん.。* 〇

しかし“しつけ(躾)”がしっかりできない子(ワンちゃん)は、
他の人に可愛がられませんよね

しっかり“しつけ(躾)”ができているワンちゃんはみんなから可愛がられます!



まだ犬を飼ってばかりで何からはじめたらよいか、、、という方のために、犬のしつけの定番 

まず「お手」について説明していきましょう!




○。“しつけ(躾)”をはじめる時期はいつ?。○

大体、犬の“しつけ(躾)”を始める時期は、
およそ生後から4ヶ月くらいが適当といわれています

なぜ4ヶ月くらいからなのか?

それは、
生後からいきなり“しつけ(躾)”をする事はよくないからです



生まれたばかりの子犬の時期は、まず人間の社会に慣れさせる事、
そこを考えてあげましょう

中には「“しつけ(躾)”は早い段階で行うべき」
という意見もあります

しかし、考えてみてください

いきなり不慣れな人間の社会で、ただでさえ強張っているはずですよね
そんな状態で“しつけ(躾)”がどうのこうの、、、といっても、ワンちゃんがかわいそうです

まずは「周りの環境に慣れる」ということをメインで考ええてあげてください(*^^*)



4ヶ月程くらい経つと、自然と人間の社会に馴染んでゆくはずです
その頃から“しつけ(躾)”を始めるのが最も効果的といえます

また、人間の社会に少し馴染んでからのほうが、
犬の方がしつけがし易いのです

その点も、4ヶ月ほど経ってから“しつけ(躾)”をおすすめする理由でもあります





○。犬の“しつけ(躾)” お手。○

かわいいワンちゃんが「お手」.。* 〇
お手だけで、ワンちゃんの株を上げちゃいますよね!

「お手」は、覚えていなくとも生活に支障がない技のひとつ
しかし、犬のしつけの基本的なものの一つとして広く認知されていますよね

我が家の犬の可愛さUPのために、お手だできるようにしつけてみましょう♪



・・「お手」の“しつけ(躾)”の仕方・・

@まず最初に犬を正面に座らせてください


A犬の手を持ち、自分の手の上に置き、「お手」と数回犬に話かけてください
これを繰り返しながら、犬を褒めましょう

犬は褒められる事が大好き☆(*^^*)
飼い主に褒められるとついつい頑張っちゃいます
それを利用?して、何回も繰り返しお手のしつけを行ってみてください


B次は、人間の手で犬の「お手」をするのをやめみましょう
手の平を犬の顔の前に置いて「お手」と言ってみます

ここで成功したら大きく褒めてあげてくださいね!!(*^^*)
「おやつ」をあげるのも効果的☆
これで褒められた&おやつもらえた! →覚えておこう! と思うでしょう



お手の逆バージョンである「おかわり」も、逆の手で同じようにしつければ、比較的すぐに出来るようになりますよ♪

「お手」はしつけの中でも比較的 簡単
犬との信頼関係を築く意味でも是非チャレンジしてみてくださいね!




ワンちゃんは無理やりな環境でしつけをしても、
精神的な重圧となり、伸び伸びと生活が出来なくなってしまいます

何事も順番が重要
あせらず、じっくり犬と接していきましょうね!(*^^*)
posted by dog2000do at 16:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。